So-net無料ブログ作成

アーカイブ(1)冬の京都旅@2006.1 [アーカイブ]

このところ、サイドバーでも表記してるように”旅”に相当する外出がなかなか無いので、空きの多い期間はアーカイブとして、過去の旅を写真を交えてつづっていきます。
今回は、2006年1月の正月休みに日帰りで行った京都・洛西の旅・・・
国宝・弥勒菩薩像で知られる広隆寺、広大な庭園のある仁和寺などを訪れました。

往路、一般的には京都駅で下車するんですがこの日は、京阪の軌道線に乗りたかった事もあって、石山から石山坂本線に乗り浜大津で乗り換え、ここから京都市地下鉄に乗り入れる小ぶりな4両編成の地下鉄車両で京都市内へ向かいます・・・
注目は浜大津から一旦、道路上の併用軌道をゆっくり走行・・・数百mで専用軌道に入りますがその切り替え地点↓
060103京津線大津市内.jpg

国内でも数少ない併用軌道の”珍風景”ですが、かつての名鉄の犬山橋、今なお存在する熊本電鉄にもこのように道路上を標準車両が走る光景がありましたね。
電車はその後、地下鉄東西線に入り、御池でバスに乗り換え太秦で下車・・・広隆寺にまいります。
060103広隆寺.jpg

以前購入したお守りを納札するのと、弥勒菩薩像を拝むため今回が2度目の訪問・・・境内は好天と相まってスッキリした風情です。
建立の祖・聖徳太子ゆかりの太子殿・・・
広隆寺・太子殿.JPG

そして、国宝第一号でもある弥勒菩薩像をはじめ様々な仏像を見学しました。
広隆寺からは、目の前の太秦広隆寺駅より京福電車(嵐電)に乗り帷子ノ辻で乗り換え、
ここから乗った北野線の電車・・・昭和30年代製の貴重なレトロ電車に遭遇!当時でも珍しい存在でしたが今も走り続けているか、気になりますね(↓御室駅(現:御室仁和寺)にて)
060103嵐電御室駅.jpg

世界遺産にも指定されてる仁和寺へ・・・ここの魅力は広大な庭園を中心に、様々なお堂が配置されているところです。
(仁王門)
仁和寺・仁王門.JPG

書院から眺める庭園・・・枯山水の整然とした石敷きが印象的でした。
仁和寺境内.JPG
060103仁和寺.jpg

時間も夕方近くになり、名刹巡りはこれだけとなりましたが(そもそも出発時間が遅かったのが要因w)
京都の魅力は自分なりに充分、味わえたと感じましたか・・・
仁和寺の帰り道、常盤御池町付近にあった銭湯・・・通りがかっただけでしたが、レトロな味わいのある佇まいでしたね。
御室湯(銭湯).JPG

nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 3

スミッチ

仕事で浜大津の駅のホームに降りることがたまーにあり、ここから京都行けるんだよねと思ったりするも行ったことなくて、一度行ってみたいです
そうそう犬山線、昔は橋の真ん中通ってたんですよね
by スミッチ (2012-03-31 21:26) 

masa

嵐電、私も乗ったことあります。
ゴトゴトと街中を走っていいですよね。
窓から見える街はすごく印象に残ってます。
by masa (2012-04-01 20:26) 

アキーロ

>スミッチさん・・・京阪の軌道線はそのままJRで京都まで直行するよりも、山越えがあったり地下にもぐったりして面白いですね。時間はかかりますが・・・。
あと、福井でもかつての名古屋地下鉄車両が道路を走っていますね・・・。

>masaさん・・・嵐電乗車記を以前ブログで拝見しましたね。京都市電なき今、いつまでも走り続けてほしいです・・・。
by アキーロ (2012-04-02 00:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。