So-net無料ブログ作成

静岡まつりを10年ぶりに見物 [一緒に行きましょう・・・]

(前回記事で)静岡市草薙を”思い出散策”のあと、静鉄電車で戻り静岡市の中心街へ・・・ 開催中の「静岡まつり」見物に、駿府公園に向かいます。
かつて住んでいた頃に見て以来、祭りには10年ぶりに来ましたね・・・。

友人と待ち合わせし、大勢の雑踏でごった返す公園内、春のうららかな陽気と相まって、
まったりした雰囲気にもなってましたね。
DSCF3573.JPG

ここを訪れるのは一昨年の「大道芸ワールドカップ」以来・・・ちなみにこちらも春の静岡まつりと合わせ、
年2回の、静岡市民の大きなイベントとして親しまれています。

広い公園内の方々で郷土芸能やら行われ、出店もあちこちにあって祭り気分満点なんですが、桜もほころぶ中お花見の宴でも盛り上がってましたね・・。
DSCF3574.JPG

DSCF3576.JPG

お昼時なのでまずは昼飯・・・・弁当店の出店で買った「彩りちらし」
DSCF3578.JPG

名産の桜えびとシラスがのってるのが、何とも静岡らしいですね。

そして公園内を散策の後、14時過ぎから始まるまつり最大の見もの「大御所花見行列」を見に、公園外のお堀端へ・・・
この辺りは駿府城跡の東御門(復元)のある、もっともお城の雰囲気が残る場所で行列はこの門を出てから、
お堀沿いを行き市の中心街を練り歩き、再び城内へ戻るコースになっています。
(公園内にて・・・行列に登場する”するが牛”)
DSCF3581.JPG

14時、大御所による行列の出発の口上が、スピーカーで流されたのを合図にスタート・・・
ちなみに大御所とは、将軍退役後駿府城に君臨し十数年間余生を過ごした徳川家康の事で、まつりそのものは大御所の城下で行っていたとされる花見に因んだものです。
東御門近くのお堀端で、行列の通過を待ちます・・・。
そして時間とともに、小学生の鼓笛隊を皮切りに旗本ら武士、お目付け役、大名と続いていき、
DSCF3587.JPG

DSCF3588.JPG

やがて、主役でもある大御所が登場、行列もクライマックスを迎えます・・・
大御所は毎年、土日各2回でゲスト招待された有名俳優が扮していて、2日目の今回は中尾彬さんです。
なかなか貫禄を感じますね・・・
DSCF3598.JPG

そのあとは、あでやかな姫様、女中連へと続いてほどなくフィナーレとなります。
最高位の姫様「お台所」にはしずおかクイーンが扮しておりましたね。
DSCF3601.JPG

行列を堪能したあとは園内をふたたび散策ののち、友人の知り合いの方とボーリングなど楽しみながら、
夕方、帰路に向かいましたね・・・。
帰りがけに見た、祭りのもう一つの大きなイベント「夜桜乱舞」
グループで「さくらさくら」をポップ調にアレンジしたものなど数曲で踊りのパフォーマンスを競います。
DSCF3612.JPG


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 2

masa

提灯の色などが実に春らしいですね。
気分もウキウキになりそうですね。
ちらしずし、おいしそうですね。私も食べてみたいです。
by masa (2012-04-15 16:24) 

アキーロ

>masaさん・・・天気が春らしく良かったのが幸いでしたね。
ちらし寿司は具材は良かったものの、ご飯は少量でした(><)

by アキーロ (2012-04-15 18:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。